病院検査と検査キットの違い

ブライダルチェックを行うには病院で検査する場合の他に、自分で検体を採取して郵送する”検査キット”で検査する方法があります。
まずは参考までに、「病院で検査する」場合と「検査キットで検査する」場合の検査の手順、費用などについて簡単に違いをご紹介します。

 

病院検査の場合

検査キットの場合

検査の手順

病院に行く(予約が必要な場合も) 検査キットが送られてくる

検体の採取

医師が行う 自分で採取する※1

検体の郵送

病院が検査所に郵送 付属の封筒に検体を入れてポストに投函→検査所へ

検査結果

結果が出るのに約1週間かかり、
結果を聞きに再度病院へ
最短翌日に結果が確認できる
(PC、携帯、郵送にて)

検査費用

1検査につき 4000円前後
(+診察料4000円ほど+次回診察料+交通費)
1検査につき 約1700円〜3000円

※1 検査キットは誰でも簡単に使えるように作られています。採血も安全に簡単に行えます。

 

当サイトで紹介している『 検査キット:セルシーフィット 』は、病院や保健所の検査も行う検査所で検査を行いますので、信頼性は病院の検査と変わりません。

 

病院で検査を行う場合
メリット
  • 不安なことなどが医師に相談できる
デメリット
  • 費用が高め(診察料、交通費などもかかる)
  • 特に症状が無い場合の検査には、保険が適用されず全額負担になる。
  • 病院に行く手間がある
  • 性病に関する検査が中心となるため、病院に行く抵抗がある(恥ずかしい・・・)
  • 保険証を使用する場合は、家族に気付かれる心配がある

 

検査キット(郵送)で検査を行う場合
メリット
  • 費用が比較的安く済む
  • 自宅で検査するので保険証の必要もなく、誰にも知られることがない
  • 病院に行く手間、費用がかからない
  • 検体の採取も簡単なので、検査に時間がかからない
  • 検査結果は最短日数で、自宅にいながら確認できる(郵送、PC、携帯にて)
デメリット
  • 検査する時に、気になることを医師に相談できない
    しかし、検査結果で陽性反応が出た場合は、提携クリニックの紹介システムにより再検査無しでスムーズに治療が開始できます

 

オススメの検査キット!

〜 自宅で簡単に"性病&がん検査"が出来る 〜
検査キットの【セルシーフィット】

 

【検査項目】
クラミジア 淋病 トリコモナス カンジダ 梅毒 HIV B型肝炎 C型肝炎 HPV クラミジア(のど) 淋病(のど) 子宮頸がん 乳がん 等
★検体到着後、最短翌日で検査結果が確認可能!

病院検査と検査キットの違い|ブライダルチェックに関するまとめWEB


 

自宅で誰に知られることもなく検査ができるので、病院に行く手間や恥ずかしい思いをすることもありません。匿名検査も可能です。検査結果も郵送、パソコン、携帯などで確認できます。