トリコモナスの症状・感染原因・治療方法とは?

トリコモナス症とは?

トリコモナス症はトリコモナスという原虫が感染して起こる性病です。
淋病と同様に女性は自覚症状がない場合が多く、治療せずに放置しておくと炎症が卵管まで悪化し、不妊症や早産、流産をまねく危険性があるので注意が必要です。
トリコモナスに感染すると約10日ほどの潜伏期間の後、尿道や膣、膀胱に炎症がおき、強いかゆみや痛みといった症状が現れます。
女性の膣トリコモナスの場合は、おりものが悪臭を伴った黄みを帯びた泡立ったものになることもあります。

 

トリコモナスは性行為による粘膜感染が一般的ですが、まれにタオルや便器、浴槽の使用によって性交経験のない女性や乳児などにも感染することがあります。

 

症状について

男性の場合は膀胱や尿道に寄生していることが多く、自覚症状がないため気付かないことがほとんどですが、軽い排尿痛を伴う場合があります。
放置していると、尿道炎や前立腺炎、バルトリン腺炎を引き起こし、尿道から膿が出たり、排尿時や入浴時に痛みがあります。
女性の場合は膣や尿路に感染し、おりものが黄色味を帯びて泡を伴い、外陰部に強いかゆみを感じます。また排尿時の痛みや膣の入り口がただれて熱感を伴うこともあります。
しかし自覚症状がない場合も多く、気付かない間に悪化している場合もあるので注意が必要です。

 

感染原因について

粘膜から感染するので、一般的には性行為で感染する場合が多いです。
また稀にタオルや便器、浴槽の使用によって性交経験のない女性や乳児に感染する場合があります。
コンドームを使わない性行為、オーラルセックス、性器具の共用などは感染の原因となりうるので、感染者との無防備な性行為には注意しましょう。

 

治療方法について

トリコモナスの治療には、女性は抗トリコモナス薬の錠剤や軟膏を用いますが、膣以外の臓器へ感染している場合は内服薬による全身投与が必要になります。
男性の場合は内服薬を10日ほど服用します。
治療にはパートナー同士の感染を防ぐためにパートナート一緒に治療を行っていきましょう。