C型肝炎の症状・感染原因・治療方法とは?

C型肝炎(しーがたかんえん)とは?

C型肝炎は、C型肝炎ウイルスの感染によって起こる肝臓の病気になります
C型肝炎ウイルスに感染すると、約3割はC型急性肝炎を発症し倦怠感や吐き気、発熱、肝臓の圧痛といった症状が現れますが、A型やB型急性肝炎に比べ症状が軽いため発症に気付かないこともあります。そして成人の感染では約7割が慢性化します。
慢性肝炎の場合でも多くの人は自覚症状がなく、発見が遅れてしまいがちなため、気付いた時には肝硬変や肝癌まで悪化してしまっている場合があります。
現在、日本では第2の国民病と呼ばれるほど多くのC型慢性肝炎の患者が想定されています。
C型肝炎は症状を実感しづらいので、疑いがある場合は検査をして早期発見することが大切になってきます。

母子感染について

稀にC型肝炎ウイルスに感染した母親から妊娠、出産、授乳によって子供に感染することがあります。

 

症状について

C型肝炎ウイルスに感染すると、全身の倦怠感、食欲不振、嘔吐、頭痛、発熱、黄疸といった症状が現れる場合があります。
しかし、A型やB型に比べ症状が軽い場合が多く、C型急性肝炎、C型慢性肝炎ともに自覚症状が現れにくいのが特徴です。

 

感染原因について

主に血液を介して感染します。 感染者の血液が傷口や粘膜に触れたり、体内に入ると感染の可能性があります。
C型肝炎ウイルスは性行為よって感染する場合はほとんどありませんが、母子感染を防ぐためにも事前に検査を受けておくことをお勧めします。
コンドームを使わない性行為、オーラルセックス、性器具の共用などは感染の原因となりうるので、感染者との無防備な性行為には注意しましょう。

 

治療方法について

C型肝炎ウイルスにはワクチンはありませんが、肝機能を改善する肝庇護療法と抗ウイルス療法によって治療を行います。
抗ウイルス療法については、全身状態、C型肝炎の病期、活動度、血液中のC型肝炎ウイルスの量、遺伝子型(ジェノタイプ)などによって適否が決まります。
抗ウイルス療法で十分な効果が得られなかった場合は、肝庇護療法により肝炎を鎮静化させ、慢性肝炎から肝硬変などへの悪化を抑制することができます。
肝硬変が進行している場合は、肝庇護療法と同時に定期的な超音波(エコー)検査などによって、肝癌の早期発見、早期治療を目指します。