B型肝炎の症状・感染原因・治療方法とは?

B型肝炎(びーがたかんえん)とは?

B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)の感染によって起こる肝臓の病気になります。
成人がB型肝炎ウィルスに感染すると約70%の人は肝炎にならず自然に治癒します。そして約30%の人は「B型急性肝炎」を発症して、感染から2〜3ヶ月後に食欲不振、吐き気、全身の倦怠感など症状が現れますが、ほとんどの場合約1〜2ヶ月で自然治癒します。しかし、稀に肝炎が劇症化して死に至る場合もあるので注意が必要です。

 

母子感染などによるB型肝炎ウイルスに持続感染している人(HBVキャリア)が発病した場合は、多くは肝炎の症状は軽く進行することは少ないですが、約10%の人は慢性肝炎に移行します。B型慢性肝炎は放置すると進行して肝硬変や肝癌へ進展することもあります。

 

B型肝炎ウイルスに感染した場合は、症状がなくても早めに病院でしっかりと治療してもらいましょう。

母子感染について

B型肝炎ウイルスを持っている母親の妊娠、出産、授乳によって母子感染する場合があります。

 

症状について

B型肝炎に感染すると全身の倦怠感や食欲不振、嘔吐などの症状が現れて自然治癒する場合がほとんどです。
肝臓は痛みなどを感じにくい臓器なので、これらの自覚症状が現れなくても慢性肝炎が潜んでいる場合があります。
持続感染の方が発病した場合はしっかりとした治療が必要になりますので、感染の疑いがある場合は早めに治療を行いましょう。

 

感染原因について

B型肝炎ウィルス(HBV)は血液感染するため、性行為の他、歯ブラシの使い回しや傷がある状態でのキスなどでも感染する場合があります。
コンドームを使わない性行為、オーラルセックス、性器具の共用などは感染の原因となりうるので、感染者との無防備な性行為には注意しましょう。

 

治療方法について

B型急性肝炎の場合は、一般的に肝庇護療法によってほとんどの人は治癒します。しかし稀に劇症肝炎になり死亡する危険性もあるので注意が必要です。
B型慢性肝炎の場合は、ウイルスを体から排除することは難しいため、一般的な治療方針としてはウイルスの増殖を低下させ、肝炎を沈静化させることになります。
どちらにしても検査結果によって治療の方法が異なるので、B型肝炎の結果が陽性だった場合は病院でしっかりと検査をしてもらいましょう。