淋病の症状・感染原因・治療方法とは?

淋病(りんびょう)とは?

淋病は淋菌という細菌に感染する事によって起こる性病です。
淋病は治療をしなければ感染が広がり、生殖器の炎症も酷くなって膿が出てくるようになります。
男性の場合は激しい排尿痛という症状が現れますが、女性の場合は自覚症状が無い場合が多く、知らずに放置すると重症になる危険性が高く、不妊症や子宮外妊娠の原因にもなりうるので注意が必要です。
さらに淋病は、クラミジアと並んで1度の性行為で感染する確率が高い性病と言われ、同時にクラミジアにも感染する場合が多いです。
また、オーラルセックスの増加によりのど(咽頭)に同時感染する症例が多いのも特徴です。

母子感染について

淋病に感染した妊婦が出産すると、産道で新生児の目に感染して新生児結膜炎を引き起こし、最悪の場合は赤ちゃんが失明してしまうおそれがあります。

 

症状について

男性の場合は、感染後数日の潜伏期間を経て尿道口に大量の白い膿が出てきて激しい排尿痛を感じます。
自覚症状が出ない場合もありますが、治療せずに放置していると前立腺炎や副睾丸炎を起こし無精子症になることもあります。
女性の場合は、痛みがなく、膿もおりものと間違えやすく気付かない場合が多いのですが、感染が卵管まで達すると発熱や激痛が起こり、卵管閉塞性の不妊や子宮外妊娠の原因となります。
約80%の女性には自覚症状が無いと言われており、少しでもおりものに異常を感じた場合は早めに検査してみることをお勧めします。

 

感染原因について

粘膜から感染するので、一般的には性行為で感染する場合が多くなっています。
コンドームを使わない性行為、オーラルセックス、性器具の共用などは感染の原因となりうるので、感染者との無防備な性行為には注意しましょう。

 

治療方法について

淋病の治療には、薬の服用を1週間程度連続投与する場合が多いです。
ただし淋菌は薬剤耐性菌になりやすいため、服用を忘れたり、服用を勝手に中断したりしないよう十分に気を付けなければなりません。

 

 

咽頭(のど)へ淋病感染について

オーラルセックスにより性器から咽頭(のど)に淋菌が感染することがあります。また逆にのどから性器への感染も起こります。
最近は”イソジン”などでのどを殺菌すれば移らないだろうと安易に考える人が多く、咽頭淋病感染者や咽頭クラミジア感染者が増加傾向にあります。さらに高い確率で性器淋病と咽頭淋病、クラミジアの同時感染が見られます。

 

咽頭感染はほとんど自覚症状はありませんが、稀に扁桃腺炎や咽頭炎などを発症し、のどや扁桃腺の腫れと痛み、発熱、咽頭痛といった風邪に似た症状が出る場合があります。
もし性行為後、約1週間ほどしてからのどが荒れたりだるさなどの症状で、風邪かも?と思うようなことがあれば、咽頭淋病感染の可能性も頭に入れておきましょう。

 

多くの場合は慢性的に感染が続き、自覚症状がないまま潜伏感染するので、完治するまでに長い時間がかかります。
通常、咽頭淋病感染の治療には咽頭クラミジア感染と同様に抗生剤を1〜2週間投与(点滴など)します。
市販薬はなく、性器の淋病やクラミジアに比べて完治しにくいので、しっかりと医療機関で検査・治療を受けましょう。