子宮頸がんの症状・感染原因・治療方法とは?

子宮頸がんとは?

子宮頸がんは、ワクチン接種と定期検診で予防できる唯一のがんであり、性行為がウイルス感染の原因となるので、他のがんとは異なり若い人たちも発症しやすいという特徴があります。
子宮頸がんは子宮の出入り口の頸管というところにできる癌で、20〜40代の女性に急増しており、乳がんに次いで多い癌となっています。
子宮頸がん自体は性感染症ではありませんが、性行為によって感染するHPV(ヒトパピローマウイルス)の一部が原因となって発症します。HPVに感染しても多くは自身の免疫力によって自然に体から排除され、また感染した場合も2年ほどで自然に消滅していきます。
しかし約10%の確率で感染が長期化し、異形成やがんへと進行していきます。

 

母子感染について

子宮頸がんによる母子感染、産道感染の心配は特にありません。しかし、子宮頸がんの進行具合によっては早産の危険性があるので事前の検査をおすすめします。

 

症状について

初期段階では自覚症状はほとんどありませんが、進行すると月経時以外に出血したり、おりものに血が混じったり、性交時に出血したりする場合があります。

 

感染原因について

性行為によるHVP(ヒトパピローマウイルス)感染が子宮頸がんの原因となります。
コンドームを使わない性行為、オーラルセックス、性器具の共用などは感染の原因となりうるので、感染者との無防備な性行為には注意しましょう。

 

治療方法について

子宮頸がんは他のがんと異なり、定期的な検診によって早期発見をすればがんの発症を防ぐことができます。
また子宮頸がんの治療については、外科的な切除手術やレーザー照射が一般的です。
早期発見であれば切除範囲を最小限に抑えることができ、子宮の温存も可能になりますので、妊娠・出産も可能です。
早期発見のためにも定期的に検査することをおすすめします。